みんなが儲かって、みんながお金を使える。社会の実現

資金繰り表を活用した経営を推進しています。キャッシュに最大限注視することを考え方の軸に持つと、事前の計画に囚われず、その場の状況に応じて適切な手段を講じることができます。 また、事業計画書が必要となる場合に、常に業績の進捗を資金繰り表で更新していれば、改めて作成する手間が省けます。