失業して住宅ローンが払えない!対象方法を紹介します


失業して住宅ローンが払えない場合、どのように対応すれば良いかご存じでしょうか。
住宅ローンが払えない場合にどうすれば良いか分からないですよね。
そこで今回は失業して住宅ローンが払えない場合の対応方法について紹介します。

□失業によって住宅ローンが払えない場合はどうすれば良いか紹介!

失業によって住宅ローンが払えない場合は、失業が一時的なのか長く続きそうなのかによって対応が変わります。

*失業が一時的な場合

すぐに再就職先が見つかる場合は、住宅ローンを組んでいる金融機関に相談する方法があります。
金融機関に相談し、住宅ローンのスケジュールについて相談すると良いでしょう。

*失業が長く続きそうな場合

失業が長く続きそうな場合は、根本的な解決策を考える必要があるでしょう。
根本的な解決とは、家の売却を考えることです。
住宅ローンを払えない場合に、家を売却するという選択肢は間違った選択ではありません。
そのため、失業が長く続き住宅ローンが払えない方は、家の売却も考えてみると良いでしょう。

□住宅ローンが払えない場合の対応方法を紹介!

住宅ローンが払えない場合の対応方法を7つ紹介します。

1つ目は、失業手当を計算することです。
住宅ローンを一定の期間は失業保険でまかなえる可能性があります。
そのため、給付される金額を確認することがおすすめです。

2つ目は、家計の見直しをすることです。
家計を見直すことで、毎月の出費を抑えられるでしょう。
固定費と流動費の両方を削減していくことをおすすめします。

3つ目は、加入している保険の確認をすることです。
加入している保険の中に、収入が減った場合に適用される保険があるかもしれません。
そのため、加入している保険を確認することをおすすめします。

4つ目は、銀行に返済条件を相談することです。
住宅ローンを滞納する可能性がある場合は、ローンを組んでいる金融機関に相談することをおすすめします。

5つ目は、リースバックを検討することです。
リースバックとは、現在住んでいる家を売却して、そのまま借りて住むことです。
家を売却した後に、その家を借りるための家賃を払えば、その家に住み続けられます。

6つ目は、リバースモーゲージを検討することです。
リバースモーゲージとは、自宅を担保として金融機関から融資を受け、毎月元金を除いた利息のみを返済し、所有者が亡くなった後に売却、または元金を一括返済し家を残す方法です。
ただ、年齢制限があるため、金融機関に確認することをおすすめします。

7つ目は、家の売却を検討することです。
長期的に住宅ローンを滞納する可能性が高い場合は、家の売却を検討する必要があるでしょう。
ただ、家を売却する際は家を売却した金額で住宅ローンを完済できるか確認する必要があります。
そのため、残高証明書でローンがどのくらい残っているのか確認することをおすすめします。

□まとめ

今回は失業して住宅ローンが払えない場合の対応方法について紹介しました。
住宅ローンが払えない場合は金融機関に相談することや、家の売却、リースバックがおすすめです。
また、家の売却やリースバックについて相談したい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。